瀬戸内海の島々で出会った個性豊かなダンゴムシ達

Pocket

 

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

今回は、私が今年の春に瀬戸内海の島々を旅して、出会ったダンゴムシ達を写真で紹介させていただきます。
本州のダンゴムシとは違った雰囲気を持つ、島のダンゴムシにたくさん出会うことができました。ぜひ、ご覧ください!!

 

 

 

伯方島で1番高い山で出会ったダンゴムシ



(撮影日 2018年4月19日)
伯方島で1番高い山、宝股山(ほこさん)の登山道で出会ったダンゴムシです。朝早くから活発に動く元気なオスの個体でした。

 

 

夜中の伯方島で出会ったダンゴムシ


(撮影日 2018年4月19日)
人の気配が消えた夜中の伯方島で出会った、赤みがかったダンゴムシです。
静まり返った海沿いのコンクリート道路を歩いていました。

 

 

雨の日に伯方島のお寺で出会ったダンゴムシ


(撮影日 2018年4月25日)
小雨が降る中、伯方島の禅興寺の石段を歩いていたダンゴムシです。
やっぱり、雨の日はダンゴムシは嬉しそうですね。

 

 

警戒心MAX!!弓削島で出会ったダンゴムシ


弓削島の北の端で出会った、めちゃくちゃ警戒心が強いオスのダンゴムシです。
本州のダンゴムシとは比べ物にならないくらい、丸くなるスピードが速かったです。

私が今までの人生で見たダンゴムシの中でトップクラスにガードが固い個体でした。

 

 

要塞跡が残る小島でみんな仲良く暮らすダンゴムシ達




(撮影日 2018年4月22日)
小島のダンゴムシ達は他の島とは違った雰囲気がありました。みんな穏やかで警戒心が弱くて、友好的でした。今まで見た他の島のダンゴムシ達は孤独に1人で強く生きている感じでしたが、小島のダンゴムシは社会性がありました。
そして、めちゃくちゃ数が多いです。目視で確認できるだけで、軽く100匹は越えていました。
梅雨前のこの時期にこれだけ数が多いのは、きっと小島の環境がダンゴムシに合っているのだと思いました。落葉広葉樹が多かったり、湿度が保たれる日陰が多かったり、最高の環境だと思います。

 

 

 

我が道をゆく来島のダンゴムシ


(撮影日 2018年4月23日)
朝っぱらから島のメインストリートを堂々と歩くダンゴムシです。
朝日と潮風を浴びながら、どこかに向かっていきました。
本州のダンゴムシと違って、のびのび生きてる感じでした。

 

 

佐島の森で私が掘り起こしてしまったダンゴムシ



(撮影日 2018年4月26日)
佐島の森の中にあった側溝を掘っていたら出てきたダンゴムシです。突然起こされたので機嫌が悪そうです。ごめんね‥。

 

以上、瀬戸内海の島で出会ったダンゴムシ紹介でした!!
本州と同種のダンゴムシでも生きている環境によって習性に違いがあるような気がしました。
誰にも知られることなく、ひっそりとたくましく生きている姿。ロマンがありますね。
また、ダンゴムシに出会うために冒険に出たいです。

お読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です