【北海道・全市町村制覇の旅】清水町で豚丼を食べてHP全回復。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

私は今、北海道の全179市町村制覇を目指して旅をしています。

2018年7月13日、15ヶ所目に訪れた市町村は清水(しみず)町です。

 

清水(しみず)町

清水(しみず)町は東側が十勝平野、西側が日高山脈になっており高低差の激しい町という印象でした。

帯広から札幌方面、旭川方面に向かう際には、ほぼ必ずと言っていいほど立ち寄る場所なので、市街地の交通量は多かったです。高速道路も通ってました。

 

清水町のカントリーサイン

何かの植物を咥えている鳥さんです。アヒルかな?カモかな?
たぶん、このカントリーサインの看板は色が劣化して落ちてしまっていますね。
本当のこの子の色を知りたい。本当はこんな色ではないと思う。

 

午後1時、清水町に到着

空は雲って、地面は湿っています。今日は小雨が降ったり、ちょっとだけ太陽が覗いたり。
本州と違って、気温も低ければ湿度も低い。

さすが、北海道。雨が降っていても不快感ゼロです。

 

じゃがいもの花が見頃です。
大学生の頃、食費節約のために毎日、じゃがいもを食べていたことを思い出します。
たしか近所のスーパーでじゃがいもが、1個15円だったような。

 

JR羽帯(はおび)駅はどこ?

清水町に来て、まず向かったのはJR羽帯(はおび)駅
旅の計画を立てている時にGoogleマップで、雑木林の目の前にポツンと存在する小さな駅を見つけて、これは見たい!!と思い、行くことにしました。・・・。

 

ない!!

駅がない!!

 

踏切に立って、ずっっっと先まで見ても駅らしきものがない。

逆側を見てもない・・・。

 

スマホのGoogleマップで確認してみると、場所は間違ってない。

しかし、よく見るとデータが2014年7月・・・。

もう一度、辺りをよく見てみることに。

 

これは・・・。何かがあった跡。駅のホームの跡?

今度はWikipediaで調べてみると。

 

Wikipedia「羽帯駅は2018年3月17日、ダイヤ改正により廃止になったなりー。」

「oh‥‥。」

 

あと、5ヵ月早く来ていれば・・・。
それにしても、廃止からそんなに時間が経っていないのにホームを解体してしまうこともあるんですね。

なんか、ものすごく寂しい気持ちになりました。

一度もここの駅を見たことないけど、ここにあったであろう駅舎とホームと電車が走り去っていく姿を想像してみる。

なんか足が重くて、動く気にならなくて、結局ここに30分ぐらいいました。

 

日勝峠(にっしょうとうげ)

清水町から次の目的地である日高町に向かうため日勝峠(にっしょうとうげ)を通ります。

日勝峠の道路は道東と札幌方面を結ぶ、重要な交通の要で北海道経済を支える重要な道路らしいです。

確かに交通量はかなりありました。運搬の大型車両が多めだったかな。
北海道ならではの牧草ロールや森から切り出した巨木を運ぶトラックを見ることができて、少しテンション上がりました。

 

それにしても・・・

みんなスピード出し過ぎじゃない!?(笑)

けっこうな上り坂なのに一瞬で抜かされるんですけど。

地元ナンバーの車にガンガン抜かされるんですけど。

私も決して遅いわけではないと思いますが、さすが北海道。

 

日勝峠の道のりはだいぶ長いらしいので、ちょっと休憩しよう。
お腹も空いたし。

 

本格的に日勝峠に入る前に、お土産屋さんとご飯屋さんがありました。

レンタカーがたくさん停まっています。いよいよ夏の北海道観光シーズンですね。

私と同じように、北海道全市町村制覇!!的な旅をしている人は他にいたりするのかな。

 

晴れている日はきっと良い景色だろうな。
それにしても、自然がすごいし、空気が綺麗。
北海道に来て3日目ですが、当たり前のように吸っているこの空気の有り難みをずっと忘れたくないです。
気のせいかもしれないけど、心身ともに健康になっている気がする。

 

これはお土産屋さん。王道な物から、よくわからない物までたくさんありました。

北海道のお土産は見ているだけで楽しいです。(見るだけでごめんなさい)

お土産を見るだけ見て、隣のご飯屋さんへ。

そして、この豚丼めちゃくちゃ美味しかった
食べるのがもったいないぐらいの輝き

今回、北海道に来てから初めて食べた温かいご飯と柔らかすぎるお肉。

今までずっと、コンビニのおにぎりで過ごしていたし、今日はまともに何も食べていないしで、とにかく最高でした。感動で湧き出そうになる笑みをこらえながら黙々と食べました。

HPが全回復したところで、日勝峠に挑みます。

 

日勝峠展望台


清水町で最後に立ち寄ったのが日勝峠展望台。
とても広い駐車スペースにトイレと展望台まで続く階段があります。
交通量がすごい多いのに、ここに駐車している車はいませんでした。
天気が悪いから、みんな展望台には立ち寄らないのかな。

 

晴れていたら、ずっと先まで見えるのでしょうね。

手前に田畑、ちょっと行くと街が広がっていて、また田畑があって。

 


ずっとこの景色を見ていたい。
できることなら、あと2時間ぐらいここでボーッとしていたい。

しかし、先に進まなければ。

北海道全市町村制覇までの道のりはまだまだ長いです。

 

次はこの先にある日高町に向かいます。

お読みくださりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です