仕事を辞めたら、まず行うべき3つのこと

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

今回は仕事を辞めたら行うべき3つのことについてお話させていただきます。

3つのこととは①国民年金②国民健康保険③雇用保険 への切り替え手続きです。

普段なら会社が処理してくれていたので、意識することはなかったと思いますが、どれも困ったときに助けてくれる心強い存在であり、大切なものです。

いざ、準備を始めてみると意外とやることが多かったり、時間がなかったりする方もいると思います。

スムーズに事が進むように、あらかじめ大まかな知識を身につけておきましょう。

 

行うべきこと①国民年金

退職をすると、今まで所属していた会社で加入していた【厚生年金】の対象から外れることになります。

そのため、自らで【国民年金】への切り替え手続きを行う必要があります。

 

切り替えの手続きの方法と必要なもの

退職をしたら速やかに(できれば14日以内に)お住まいのエリアにある市役所の年金課窓口へ出向き、国民年金への加入手続きを行いましょう。

この時に以下のものが必要になります。
・年金手帳
・離職票
・印鑑
・身分が証明できるもの

窓口の方が優しく丁寧に教えてくださったので、私は20分ほどで手続きを終えることができました。

ちなみにその場でお金を払う必要はありません。

 

後日、国民年金保険料納付書が送られてくる

窓口で手続きを済ませてから5日ほどで、国民年金保険料納付書が郵送で送られてきます。

納付書に記載してある期限までに、金融機関、郵便局、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。

ちなみに私はセブンイレブンで支払いを済ませました。

 

いくらぐらいかかるの?

やはり、一番気になるポイントはここですよね。保険料はいくらぐらいかかるのか?

国民年金の保険料は毎年度変わりますが、平成30度の月額保険料16,340円です。

私は2018年6月に退職したので、2018年7月分〜2019年3月分の9ヵ月分をまとめて納付しました。

前納割引が少しだけ入って、9ヵ月分で合計146,260円でした!!

高い!!思ってた以上に高い!! でも国民の義務ですからね。しょうがない。

 

行うべきこと②国民健康保険

今まで会社に所属していた方は、会社で【健康保険】に加入していたと思います。

しかし、退職をすると退職日の翌日から【健康保険】の資格を喪失するため、退職したら【国民健康保険】への切り替え手続きを自ら行う必要があります。(できれば退職から14日以内に)

あと、退職日までに会社で支給された【健康保険】の健康保険証は会社に返却しましょう。

 

切り替えの手続きの方法と必要なもの

切り替えの手続きは年金と同様、お住まいのエリアにある市役所の窓口で行います。

以下のものが必要になります
・印鑑
・離職票
・身分が証明できるもの

私は年金の切り替え手続きと一緒にやってもらって20分ほどで全て終わりました。

手続きが終わるとその場で国民健康保険の保険証をもらうことができます。

ちなみにその場でお金は必要ありません。

 

後日、国民健康保険税納税通知書が送られてくる

手続きを済ませてから1週間〜2週間ほどで、国保年金課から国民健康保険税納税通知書が郵送で送られてきます。

納付書に記載してある期限までに、金融機関、郵便局、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。

ちなみに私はセブンイレブンで支払いを済ませました。

 

いくらぐらいかかるの?

国民健康保険料はお住まいの市町村と所得によって違ってきますが、

私は9ヵ月分の支払いで約15万円でした。

これも国民年金と同様に高い!!

正直、こんなにするとは思っていませんでした。

 

行うべきこと③雇用保険(失業保険)を受給しよう

雇用保険(失業保険)とは労働者が失業したときに生活や雇用を支援するための制度です。

簡単に言うとお金がもらえます。

一般的には失業保険と言われることが多いです。

これは必ず受給しなければならないというものではないですが、受給資格がある方はぜひ受給することをオススメします。

 

ハローワークで受給申請しよう

お住まいの地域のハローワークに「雇用保険被保険者証」、「離職票」、「マイナンバーカード」、「印鑑」、「身分が証明できるもの」を持っていきましょう。

詳しいことはハローワークが主催する雇用保険説明会で説明されます。

 

以上、簡単にですが私の実体験をもとに「仕事を辞めたら、まず行うべき3つのこと」についてお話させていただきました。

 

もう一度まとめると
・①【厚生年金】から【国民年金】への切り替え
・②【健康保険】から【国民健康保険】への切り替え
・③失業保険の受給

の3つです。

初めてこのような社会保険の手続きに触れる方にとっては、ものすごく難しく感じてしまうと思いますが、やってみると案外簡単です。

わからないことがあれば役所の窓口の方がなんでも教えてくださいますし、難しく考えずに一つ一つ処理していくだけと思えば大丈夫です。

恥ずかしながら、私は今回会社を退職するまで、このような社会保険関係は全て親と会社任せで、切り替えの手続きどころか社会保険の知識がゼロでした。

まず、社会保険とは何か。というところから始まり、全く社会保険の知識がない中で、発狂しそうになりながら、ネットでいろいろ調べたり、専門書を読んだりして、なんとか自分の力で全てを終えることができました。

この社会保険の手続きを全て自分の力で終えることができたことで、人並みに社会保険の知識がつきましたし、少しだけ大人として成長できたという自信がつきました。

今だから言えるのですが、終わってみれば案外簡単なことなんだなと思います。
書類がたくさんあったり、細かい制度がいくつかあったりするせいで難しく感じる人もいると思いますが、やるべきことはすごくシンプルです。

今回、簡単にですが紹介させていただいた「仕事を辞めたら、まず行うべき3つのこと」があなたのお役に立てたら嬉しいです。

応援しています。

 

お読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です