【石川県の先端】禄剛崎(ろっこうざき)に行ってみた。アクセス方法など。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年5月22日、今回は石川県の先端の禄剛崎(ろっこうざき)に行ってきましたので、その模様を伝えさせていただきます。
小学生の時に日本地図を勉強してから、ずっと気になっていた石川県の先端にようやく行くことができました!!
石川県は地図で見ると恐竜の頭のように見えて小学生の頃は割と早い段階で覚えたような記憶があります。

今回の旅では天候に恵まれて、とても綺麗な景色を見ることができました。

 

 

禄剛崎までのアクセス方法


禄剛崎までのアクセスはナビに・・・〒927-1441  石川県珠洲市狼煙町テ部11と入力していただければ、
【道の駅 狼煙】という場所に着きます。
道の駅 狼煙の駐車場に車を置いて、数分歩いて禄剛崎まで行くことになります。

道の駅 狼煙のホームページと詳細なアクセス方法はこちら→https://www.hokuriku-michinoeki.jp/contents/station/?sta=000073

 

 

【道の駅 狼煙】から歩いて禄剛崎へ



道の駅から歩いて約8分で禄剛崎に着きます。
少し坂道を登りますが、頑張ってください!

 

空が青すぎます(笑)。最高です。

 

 

禄剛崎灯台


禄剛崎灯台に到着です!!

青い空と白い灯台。アニメの世界のようです。

この高さ12mの禄剛崎灯台は明治16年にイギリス人技師によって設計され、明治16年(1883年)7月10日に初点灯したそうです。

約33km先まで光が届き、禄剛崎沖を航海する船の道しるべになっており、1963年まで職員が常駐していたそうです。

 

 

 

禄剛崎からの景色



禄剛崎からの景色です。

先が見えない水平線。素晴らしい眺めです。

ここからは壮大な海の景色を見ることができます。
こんなに広いと灯台の光が必要なのも納得です。

そして、優しい潮の香りがします。
上手く表現できませんが、太平洋側とは少し違うような気がしました。

 




可愛いお花さん達がメルヘンな世界観を演出してくれています。

 

東京、上海、釜山。

 

772km先にロシアのウラジオストック。

 

ウラジオストックの方角を見てみました。

うん、見えません。

 

 

ダンゴムシ発見!!

なんと!!ダンゴムシが歩いていました!!

潮風を浴びながら歩くダンゴムシ。素敵すぎる。

石川県の先端の禄剛崎にもダンゴムシはいます!!(笑)

ダンゴムシを見つけることができて本当に嬉しかったです。

 

お読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です