【瀬戸内海】歩いて佐島観光。アクセス方法、見どころなど。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年4月、瀬戸内海にある佐島(さしま)に行ってきました。
自然豊かな佐島を約5時間歩いて冒険してきましたので、その模様を伝えさせていただきます。

 

 

佐島へのアクセス方法

 


2018年4月26日 天気 晴れ
伯方島木浦港から午前8時30分発のフェリーに乗って出発です。
片道560円、私以外に通勤通学の方が10名ほどいらっしゃいました。

 

佐島への詳細なアクセス方法はこちら→https://www.town.kamijima.lg.jp/site/access/

 

 

 

フェリーは瀬戸内海の急流に負けることなく力強く進んでいきます。
本州に住んでいる私は普段フェリーに乗ることがないのでとても新鮮で楽しいです。

 

 

佐島に到着!!


出航から20分、佐島港に到着です。
地図の赤丸○で記した場所が佐島港です。
南北に細長い佐島の北西側にあります。

佐島で降りた観光客は私だけでした。あまり人が来ないところなのでしょうか。

 

 

とりあえず、真っすぐ歩いてみる

午前8時50分、冒険開始です。
特に下調べもせずに来てしまったので、まずは歩いてみます。日差しと潮風が気持ち良いです。

 

 

 



町中は細い路地が続きます。
細い路地を見るとノスタルジックな気持ちになってしまいます。

島民の方のご迷惑にならないように空気のように存在感を消して歩いていきます。
佐島は歩いているだけで楽しいです。

 

 

 

おっ!?(΄◉◞౪◟◉`) 路地の真ん中でワンちゃんが寝ています(笑)

 

 

 

可愛いですね。 THE・島!!って感じの光景ですね。
起こしてしまったらかわいそうなので、迂回です(笑)。

 

 

 

西側の海岸


歩き始めて20分、西側の海沿いに出ました。
海も景色もとても綺麗です。生名島と岩城島が見えます。

 

 



ひたすら海沿いを歩いていきます。
青い空、白い雲、向こうに見える島の緑、透明な海。
とても気持ちの良い朝です。

毎日こんな朝を迎えられたら幸せだろうなぁ。とか思いながら歩いていました。

 

 

 



ここまで来るとほとんど人を見かけることはありませんでした。

佐島の人口は約600人らしいのですが、ほとんどの民家は北側の佐島港の近くに集まっていました。

 

 

 

潮風と波の音を楽しみながら歩くことのできる最高のロードです。
コンクリートで造られた最高のノスタルジックロードです。

佐島は瀬戸内海の他の島と違い、周囲が崖ではありません。
どこか優しい印象を受けます。そして、全体的に道が平坦で歩きやすいです。

 

 

 

綺麗な海岸です。静かで本当に良い場所です。

 

 

 

さらに南へ


佐島の看板です。道が少ないのでわかりやすいです。
ここからは山道になります。

さらに南を目指して歩いていきます。

 

 

 

 

こんな感じの山道を歩いていきます。
小鳥のさえずりが絶えず聞こえてきます。

そして海は見えませんが、波の音だけが聞こえてきます。

 

 

 

ダンゴムシ発見!!


森の中の側溝を掘ってみると・・・コシビロダンゴムシ発見です!!
可愛いオスの個体でした。

佐島にもダンゴムシが生息していることを確認できてハッピーでした。
ダンゴムシさん、起こしちゃってごめんね。

 

 

 

小さな砂浜発見



港から歩き始めて1時間20分、森の中に小さな砂浜を発見です。
赤穂根島が見えます。

静かで眺めが良いので、少しここで休憩することにしました。

 

 

 

さらに南へ向かいます。
今回私は歩きで来ましたが、自転車で来てみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

大きな砂浜発見


歩き始めて2時間。民家と畑がありました。
佐島はみかん畑が多いです。

後から聞いたのですが、佐島は柑橘類の栽培が盛んらしいです。

 

 

 


その先には天然の湾状になった砂浜がありました。
ここの海も綺麗です。

人もいなければ船もありません。佐島は漁業は少ないみたいですね。

 

 

 


さらに進みます。佐島を感じながら進みます。
そして、ダンゴムシ発見です。

 

 

 

山の中にたまに、このような空き家があります。
夜だったら怖くて歩けません。

 

 

 

南の砂浜に到着!!



歩き始めて2時間30分、ついに南の端の砂浜に着きました!!
めちゃくちゃ景色が良いです!!

 

 

 



海の透明度と砂のきめ細かさがすごいです。
ここまで頑張って歩いてきてよかったです。
ずっとずっと向こうには四国が見えます。


それでは、また山道を戻ります。

 

 

 

島の中央部まで戻ってきました。元々畑であったであろう場所が荒地になっています。

 

 

 

島の中央部には池がありました




大きなため池にはクサガメオタマジャクシがいました。
私が近づくといっせいに逃げていきました。

外来種のミシシッピアカミミガメはいませんでした。ずっとこの環境が残っていてほしいですね。

 

 

 


佐島の象徴、柑橘類です。本当に柑橘類の木がたくさんあります。
見てるだけで癒されますね。私もいつか育ててみたいです。

 


こちらは佐島の東側からの景色です。
隣の弓削島が見えます。
東側の道はほとんど人が入らないのか、蜘蛛の巣だらけでした。
お越しになられる方は気をつけてください(笑)。

 

 

佐島の北東




佐島の北東側に来ました。
こちらの海もとても綺麗です。弓削島と弓削大橋がよく見えます。

本当に歩いているだけで楽しいです。

 

 

 




佐島弓削島を繋ぐ、弓削島大橋の真下に来ました。
橋の下にある小さな砂浜は秘密基地のようですね。

やっぱり、海が綺麗です。
私、今回の旅で初めて瀬戸内海の海を見たのですが、海の綺麗さに感動しております。

 

 

 

佐島の北側



佐島の北側にあるゆめしま海道に来ました。
ゆめしま海道とは、弓削島、佐島、生名島の3つの島をつなぐ橋のことです。

 

 

ゆめしま海道からの景色


ゆめしま海道から見た景色です。
弓削島港や因島が見えます。とてもいい景色です。
船が行ったり来たりしています。瀬戸内海ならではの風景ですね。

 

 

 


生名橋の下まで来ました。
この時点で4時間30分歩きっぱなしです。
もうフラフラでした(笑)。

 

 

5時間歩いて佐島港に戻ってくる

歩き始めて約5時間、佐島港に戻ってきました!!
めっちゃ疲れました(笑)。
だいたい佐島を1周できたと思います。

みかん畑に囲まれた、海に向かっていく道が最高でした。
本当にこの島の柑橘類は可愛いです。歩いているだけで楽しかったです。

結局、他の観光客の方にはお会いしませんでした。
時期的な問題なのか、それとも、ゆめしま海道を通っても佐島には立ち寄らないのでしょうか。

歩いて自然の中を冒険するのが好き、島風景や綺麗な海を見ながら海沿いを歩きたいという方には最高の島だと思いました。

お読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です