【北海道・全市町村制覇の旅】朝の四時の新ひだか町。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

私は今、北海道の全179市町村制覇を目指して旅をしています。

2018年7月12日、旅2日目。
6ヶ所目に訪れた市町村は新(しん)ひだか町です。
この日は早朝に目が覚めたので朝霧がかかった新ひだか町を走ってみました。

 

新(しん)ひだか町

上図の青字で記した場所が新ひだか町です。かなり大きいです。海側と陸側で全く天候が違って面白かったです。海側は濃霧、陸側は快晴という感じでした。新ひだか町の中央部には広大な馬の放牧地が広がっていました。

 

新ひだか町のカントリーサイン

新ひだか町のカントリーサインです。昆布が描かれています。新ひだか町の海側を走っていると、たくさんの昆布を乾燥させているのが見えました。そして、陸側に少し入ると広大な放牧地が広がっています。
また、後ほど紹介しますが、新ひだか町には日本一の長さを誇る桜並木があります。

 

朝の四時の新ひだか町

今日は朝の四時に目が覚めたので、日の出を見るために海に向かうことにしました。めちゃくちゃ霧がかかって先が見えません。それにけっこう寒いです。

 

霧が濃すぎて日の出どころではありませんでした。それに、波が強くてちょっと怖かったです。昆布がいっぱい落ちてました。

 

JR日高三石(ひだかみついし)駅

早朝のJR日高三石(ひだかみついし)駅です。木造の立派な駅舎です。まだ霧は晴れていません。海から近い場所にあるのですが、毎日このように霧と潮風に曝されているせいか外装はけっこう貫禄がありました。THE・海の駅って感じです。

 


駅のホームです。霧で線路の先は見えません。神秘的な世界です。
辺りは静まり返っていますが、心は昂ります。

【JR日高三石駅 

 

JR蓬栄(ほうえい)駅

海沿いから少し陸側に入り、畑道を進むとあるのがJR蓬栄(ほうえい)駅。今から60年前に開業した一面一線の無人駅です。霧がかかって暗いせいか、辺りでは夜の虫が鳴いています。

 

虫の声以外なにも聞こえません。

線路の枕木の間には雑草が生えていました。

【JR蓬栄駅 

 

蓬栄駅の蛾コレクション

蓬栄駅の駅舎の中と外壁にはものすごい数のがいました。
写真を撮ったので6枚だけお見せします。蛾の名前はわかりません。

以上、蓬栄駅の蛾コレクションでした。

 

JR本桐(ほんきり)駅



新ひだか町の街中の外れにJR本桐(ほんきり)駅がありました。

駅舎の中は広く、外の花壇の花も綺麗にされていました。隣にトイレがあったので、比較的利用者は多いのでしょうか。

 


駅名看板に蜘蛛の巣がかかっていましたが、家主はいませんでした。

 

ホームの雑草が良い感じです。

【JR本桐駅 

 

二十間道路 桜並木


海沿いのJRの駅を回ったので、今度は陸側の道を走っていることに。

陸側は馬の放牧地が多かったです。元々、日高地方は平地で野生の馬がたくさんいたみたいですね。

放牧されている馬を見て気づいたのですが、親子で一緒に行動している馬が多かったです。

 

そして、たどり着いたのが二十間道路 桜並木

海から離れるほど、霧が晴れていきました。海側と山側の天気の違いに驚かされました。

 

どこまでも続いている真っすぐな道がありました。

道路脇の看板にはこう記されていました。
【二十間道路桜並木 北海道開拓使長官・黒田清隆が1872年に静内町を訪れた際、野生馬が群れをなしているのを見て、積雪が少なく野草の多い日高地方が産馬改良には最適の地であると判断し、静内・新冠・沙流郡にまたがる約7万haに及ぶ大規模な牧場を区画しました。1903年、野生馬2,262頭を狩り集めて始められた新冠御料牧場を視察する皇族方の行啓道路として造成されたのが、二十間道路であります。幅二十間(36m)・延長約8㎞という雄大なこの道に桜が植栽されたのは、1916年のことで、当時の同牧場職員が近隣の山々からエゾヤマザクラ等を道路の両端に移植するのに要した歳月は3年にものぼりました。】

今では、「日本の道百選」「さくらの名所100選」などに選ばれ日本屈指の桜の名所になったそうです。また春に来てみたいですね。

 

道の駅 みついし

道の駅 みついしに行くためにまた海沿いに戻ってきました。やっぱり霧がかかっています。

キャンプ場が隣接していることもあり、駐車場はかなり広かったです。

 

午前9時の開店と同時にお店の中へ。昆布とか、お煎餅とか渋いものが多くありました。

10時から揚げかまぼこなどの揚げ物も売っているそうです。食べたかったですが、またの機会にですね。

 

鮭マヨネーズのあられを買いました。味はマヨネーズ、香りは鮭でした。
美味しかったです。

【道の駅 みついし】
住所
新ひだか町三石鳧舞161番地2(国道235号沿い)
休館日
年末年始(12/31~1/5)、レストラン 毎月第2第4火曜日
開館時間
8:45~22:00(4月~9月)、8:45~17:30(10月~3月)
売店
三石特産品販売センター 9:00~18:00(4月~9月)、9:00~17:00(10月~3月)
レストラン
10:00~20:00

ホームページはこちら→http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/564/


お読みくださりありがとうございました。

次は浦河町に行くよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です