【北海道・全市町村制覇の旅】安平町のJRの駅全部行ってみた。

Pocket

こんにちは。
だんごむし@dangomushi_sprです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年、夏。
私は北海道の全179市町村制覇を目指して旅をすることにしました。

2018年7月14日、18ヶ所目に訪れた市町村は安平(あびら)町です。

 

安平(あびら)町

安平(あびら)町の人口は2018年現在、約8,100人だそうです。

安平町は港がある苫小牧市と空港がある千歳市に隣接しているので、正直もっと人口が多いと思っていました。札幌市からもそんなに遠くないし。
実際に安平町に来て、改めて北海道の札幌一極集中を肌で感じたような気がしました。

あと安平町は競走馬の生産地として有名みたいですね。
ディープインパクトは安平町の牧場で生まれたらしいです。
競馬には全然詳しくないですが、ディープインパクトだけは知ってます。

 

安平町のカントリーサイン

安平町のカントリーサインはサラブレッドメロンが二つ雪だるまになっていました。

この雪だるま、実は郵便ポストらしいのです。
後で調べたのですが、安平町には屋根の上に雪だるまが設置されている早来雪だるま郵便局という名前の郵便局があるらしいです。
明治29年開局という歴史ある郵便局で、昭和61年、当時の郵便局長が、都会の人に向けて「発砲スチロール詰め雪ダルマ」の発送を考案。
その後、平成9年に郵便局名にも雪だるまが付けられたそうです。

雪だるま郵便局、見てみたかったです。

 

JR遠浅(とあさ)駅

ヤバい‥‥。ちょっと頭痛い。
慣れない車中泊と長時間運転のせいかな。
北海道上陸4日目にしてさっそくピンチ到来。
今日は札幌市の宿泊施設に泊まる予定なので、もうちょっと頑張ります。

午後1時に安平町に着いて、まず向かったのがJR遠浅(とあさ)駅

安平町には室蘭本線が通っていて、4つの駅があるのですが、今日はその全てに行く事にしました。

 

引き戸をカタカタカタ‥‥。
駅舎の扉を開けると、生温かい空気がモワァ〜っとしてました。
夏の日差しで室内が温められ、ほとんど人が来ない駅舎の中の空気は換気されることなく、蒸し風呂の完成です。
ただ、北海道なので本州に比べたら蒸し風呂レベルは低めです。

時刻表を見ると、苫小牧方面岩見沢方面にそれぞれ1日8本みたいです。

 

 

ホームはかなり綺麗でした。線路に雑草はほぼ生えていませんでした。

私、鉄道オタクではないですが、北海道の駅は見ているだけですごく楽しいです。

特に田舎の無人駅は異世界すぎて、現実から離れて自分と向き合う時間になったりします。

 

 

JR早来(はやきた)駅

2番目に訪れたのはJR早来(はやきた)駅です。

大通りに面していて、駐車場がやたら広かったです。

目の前の大通りには札幌方面に向かうたくさんの車が走っています。

 

駅舎の中です。隣にはお土産屋さんがありました。

近所の子供達(たぶん)が集まって楽しそうに話していました。

 

 

線路がずーっと向こうまで続いてるのが見えます。

北海道だなぁ。

今、北海道にいるんだよなぁ。

夏の北海道を旅できるなんて幸せすぎます。

 

冬はどんな景色になっているのだろう。

 

安平川

綺麗な川を見つけました。安平川です。

私は車で旅をしていますが、それぞれの町を1時間ぐらいは歩くようにしています。

歩くのが大好きというのもあるのですが、歩いていると面白い発見がいっぱいあるからです。
面白い昆虫に出会ったり、綺麗な景色を見つけることができたり。

北海道の川は本当に綺麗です。見た目はもちろんですが、水質も最高です。

ヤマメやイワナがいたるところで捕れたりします。

東海地方の汚い水路がいっぱいの地域に住んでいる私からしたらものすごい羨ましいです。

 

安平(あびら)駅

安平(あびら)駅の前には自転車が4台停めてありました。
2台はカギがかかっていなかったです。
平和な町なのかな。
なんかここ数日、平和すぎてどうでもいい細かいところに目がいくようになってしまっているような。
でもそれは、きっと今しかない着眼点だから、それを大切にして旅を続けます。

 

これは、駅前通りです。

不安になるぐらい人が歩いてないです。

 

駅舎の中はちょっと暑い〜。

 

のどかだなぁ。人が全くいないなぁ。

ここにいたら無意識に口角が上がっていました。

冷静になるとちょっと恥ずかしくなります。

 

偶然、苫小牧方面行きの電車に遭遇してしまいました。

 

あっ、乗るつもりはないんです。すんません。

あっ、鉄道オタクでもないんです。すんません。

 

乗るつもりはありません、すんませんと目で車掌さんにアピールする私。

電車は誰も乗らず、誰も降りて来ず行ってしまいました。

この時の私、だいぶキョドってたと思います。うん。

 

JR追分(おいわけ)駅

最後に来たのがJR追分(おいわけ)駅
安平町の駅の中ではここが一番大きかったと思います。

追分駅←「ついぶんえき」だと思ってました。

 

 

広い駅前広場です。さっきまでバスが停まっていました。

 

観光ポスターとかパンフレットって見てるだけで楽しいです。

とくに北海道の観光パンフレットは集めたくなります。

 

鉄道の歴史が紹介されていました。

私、蒸気機関車って見たことないです。

 

道に落ちているクワガタの頭

クワガタの頭だけがいろんなところに落ちていました。

この季節ならではの光景です。

カラスをはじめとする野鳥の仕業らしいです。
胴体部分だけを食べてしまうんだとか。

 

自然って儚くて厳しいですね。

 

安平町の風景

これは安平町を通っている一番大きな道路です。

高い建物がなくて、空が広く感じました。

見晴らしが良いので車のスピードはだいぶ速いです。ちょっとこわい‥‥。

 

大通り以外はこんな景色ばかりでした。

めっちゃ虫の声が聞こえるし、草の香りが素晴らしいです。

家の近くにこんな場所があったらいいな。毎日虫捕りできますね。

 

白樺の木の街灯がありました。

白樺の木は作り物でしたけど、かなりおしゃれですね。
北海道らしくて好きです。

 

お読みくださりありがとうございました。

 

次は千歳市に行きます!!

次の記事はこちら
【北海道・全市町村制覇の旅】新千歳空港で学生時代の思い出がよみがえった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です