【北海道・全市町村制覇の旅】喜茂別町の道の駅であげいもを食べました。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年、夏。

私は北海道の全179市町村制覇を目指して旅をすることにしました。

2018年7月18日、33ヶ所目に訪れた市町村は喜茂別(きもべつ)町です。

 

喜茂別(きもべつ)町

喜茂別(きもべつ)町羊蹄山の東側の麓に位置し、北海道の中では降雪量が多い町です。

きもべつという町名はアイヌ語が由来になっており、アイヌ語で「山に入る」「山奥にある」という意味のものが、元になっているそうです。

実際に車で走っていると周りが山に囲まれていて、夏でしたがそんなに暑さは感じませんでした。

逆に冬は平均気温が−5℃以下らしいです。最低気温ではなく、平均気温ですからね。

寒すぎませんか!? 山に囲まれているせいで、冷気が集まるのでしょうか。

私だったらそんな寒い世界で暮らしていける自信がありません。

 

喜茂別町のカントリーサイン

羊蹄山アスパラガスが描かれています。

アスパラガスが喜茂別町の特産品らしく、「郷の駅 ホッと きもべつ アスペーラ」というアスパラガスのキャラクターが描かれていた道の駅のようなものもありました。

 

郷の駅 ホッと きもべつ アスペーラ

午前11時40分、喜茂別町に着きました。

今日は晴れたり、曇ったりの中途半端な天気です。

連日、本州の猛暑のニュースがやっていますが、北海道は湿気がなくて、体調を崩すほどの暑さではありません。

車のエアコンはつけずに窓を開けているだけで十分です。

 


15分ぐらい走っていると、ものすごい存在感の黒い建物を見つけました。

二度見して、一度通り過ぎて、やっぱり気になったので入ってみました。

ここは「郷の駅 ホッと きもべつ アスペーラ」という郷の駅みたいです。

郷の駅というのは初めて見ました。道の駅の兄弟みたいな感じなのでしょうか。

 

遠くからでも目立つ、アスパラの夫婦?が迎えてくれます。

 

店内は地元の特産品で溢れていました。

身体に良さそうで、奥様が喜びそうなものばかりです。

ここにあるような新鮮な野菜ハチミツお米を毎日食べることのできる生活というのが私のの一つです。

自分の家の近所にこんな素敵なお店があったら、私は通いつめると思います。

ここに来てまた、北海道への憧れが強くなりました。

 

「旅の思い出を味覚で残そう。」

良い言葉です。

 

郷の駅 ホッと きもべつ アスペーラ
〒044-0201 北海道喜茂別町喜茂別306-3
営業時間:物販 AM9:00〜PM7:00、飲食 AM10:00〜PM3:00
休日:元日のみ】

 

セイコーマート喜茂別店でお昼ご飯

今回の旅では立ち寄るコンビニは100%セイコーマートになっています。

セイコーマートは北海道の中だったら本当にどこにでもあるイメージです。

そして、喜茂別町にもしっかりセイコーマートはありました。

明太子のおにぎりカルボナーラがいつもの決まったお昼ご飯になっています。

たまにフライドチキンを買ったりしますが、いつもお昼ご飯は500円以内に収まります。

セイコーマートの駐車場に車を停め、窓を少し開けて、運転席の座席を倒して、おにぎりを食べているときが至福の時です。

 

【セイコーマート 喜茂別店

 

喜茂別川

町を少し歩いてみました。

町の雰囲気を感じるには歩いてみるのが一番だと思います。

雲がだんだん減ってきて、空の青色が見えてきました。

歩道が広いなぁなんて思いながら歩いていたら、綺麗な川が見えてきました。

 


一級河川喜茂別川と看板に書いてあります。

とにかく重要な川ということだけはわかりました。

ずっと見ていられる優しい流れです。

 


北海道の川って、どこも当たり前のように透き通っていて綺麗ですよね。

東海地方の住宅街に住んでいる私は普段、工場の排水で濁った川しか見ることができないので、目の保養とばかりに綺麗な川に見入ってしまいます。

なんかこの川を見ているだけで健康になっているような気がします。気のせいかな。

 

喜茂別町の風景


畑や住宅が山に挟まれるような形で存在しているのが、喜茂別町の特徴です。

どの方向を見ても山が見えました。

 

ここが喜茂別町で一番の街なのですが、住宅街のすぐ後ろには山があります。

 

標高1,107mの尻別岳(しりべつだけ)がドカンと視界に入ってきます。

喜茂別町はTHE・北海道の田舎町という感じでした。

 

後日、道の駅 望羊中山へ

喜茂別町にも道の駅があるのですが、スケジュール的にこの日に行くのが難しかったため、3日後の8月21日の早朝に行ってきました。

ここは札幌市と喜茂別町のほぼ境にある、道の駅 望羊中山の駐車場です。

朝の7時30分ということもあり、かなり霧がかかっています。

おまけにめちゃくちゃ寒いです。7月下旬に寒さで震えることになるなんて思わなかったです。

 

ここからは羊蹄山が綺麗に見えるらしいのですが、今日はとても無理ですね。

8時30分の開店と同時に店内に入りました。

 

ここの道の駅は大型バスでの団体観光客がたくさん来るので、お土産コーナーがかなり広く作られています。

北海道の王道のお土産はほぼあると思います。

 

そして、ここに来た一番の目的はこれです!!

道の駅 望羊中山の名物、あげいもです!!

写真暗くてすんません。衣に包まれたジャガイモにケチャップをつけて食べます。

350円でこのボリュームです。これ一本でお腹いっぱいになります。

かなり美味しかったです。

 

【道の駅 望羊中山
〒044-0223 北海道喜茂別町川上345
営業時間:8:30~17:30
ホームページ→https://ageimo.com/

 

 

お読みくださりありがとうございました。

次は留寿都村に行きます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です