【北海道・全市町村制覇の旅】仁木町で「きのこ汁」を食べました。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年、夏。

私は北海道の全179市町村制覇を目指して旅をすることにしました。

2018年7月18日、38ヶ所目に訪れた市町村は仁木(にき)町です。

 

仁木(にき)町

北海道の西部に位置する仁木(にき)町は札幌市から車で約90分の距離にあります。

2018年現在、人口は約3,300人で、町の面積のほとんどが山地になっています。

実際に車で走っていると、急な傾斜の山に囲まれるようにして、田畑や果樹園が細く長く広がっている印象を受けました。

 

仁木町のカントリーサイン

仁木町のカントリーサインは真っ赤なりんごさくらんぼです。

シンプルですが、なかなかインパクトがあって町の特徴が伝わってきます。

仁木町は対馬暖流の影響を受け四季を通じて温暖多湿根雪期間は短く霜も少ないので農作物の栽培に適しているそうです。

特にさくらんぼ、りんご、ぶどうなどの果樹栽培、トマト、イチゴなどの施設野菜の生産が盛んです。

町を走っていて、他の市町村に比べて圧倒的に果樹園が多い気がしました。

 

きのこ王国 仁木店

午後4時40分、きのこ王国 仁木店に着きました。

今日は朝から曇り時々晴れという感じの天気だったのですが、仁木町に入ったとたんに晴れてきました。

北海道はものすごい広いので、市町村によって天気が全然違ったりします。山を越えたら急に天気が変わるといったことがよくあります。

 

見晴らしの良い国道を走っていると「きのこ王国」という大きな目立つ看板が目に入ってきます。

ものすごく大きな駐車場があり、観光客も運送業者の方もみんなが立ち寄るサービスエリアのようになっています。

 

もう夕方なので、お客さんのピークは過ぎた感じです。

店内は食品系のお土産がたくさんありました。なめこしめじなどのきのこ系のお土産が特に多かったです。
さすが、きのこ王国です。

私は今年で25歳になったのですが、ようやくきのこ類の美味しさがわかるようになってきました。
味覚が少しは大人になったのかな。

 

そして、こちらがきのこ王国名物「きのこ汁」です。

1杯100円で、しめじ、なめこ、しいたけなどのきのこ類がとにかくたくさん入っています。

汁物の温かさは良いものですね。「きのこ汁」オススメです!

 

【きのこ王国 仁木店

 

JR然別(しかりべつ)駅

先ほどのきのこ王国から5分もかからない場所にJR然別(しかりべつ)駅はあります。

国道からはずれてしまえば、車も人もいない本当に静かな場所になります。

 

日ハムの矢野選手と高梨選手が仁木町の応援大使みたいです。

 

駅のホームはこんな感じです。

山に囲まれていて、いつ野生動物が出てきてもおかしくないような雰囲気です。

静かな場所です。本当にここに電車が来るのかな。

 

午後5時を過ぎましたが、まだまだ空は明るいです。

気持ちがいいほど、空が青いです。

 

【JR然別駅 〒048-2403 北海道仁木町然別】

 

JR仁木(にき)駅

最後に訪れたのはJR仁木(にき)駅です。

仁木町で一番住宅が集まっている場所にありました。

 

駅にはフルーツの町・仁木町らしい写真がたくさんありました。

来月からが本格的なシーズンみたいです。

 

駅舎の雰囲気がすごく良いです。古き良き田舎の駅舎って感じです。

電車は1時間に1本ぐらい来るみたいです。

 

午後5時30分、ホームに出るとちょうど電車が来ました。

電車の本数が少ない北海道の駅で電車に出会えるとかなりラッキーで嬉しいです。

 

【JR仁木駅 〒048-2405 北海道仁木町北町】

 

仁木町の風景

もうすぐ夕方の6時です。

今日は赤井川村京極町喜茂別町留寿都村真狩村ニセコ町倶知安町仁木町の8市町村を回りました。

見知らぬ土地の連続で、感動と楽しさで1日があっという間に終わっていきます。

 

仁木町は山に囲まれるように畑が作られていて、ちょこっとだけ町があるようなところでした。

 

絵に描いたように綺麗な風景です。

すごく癒されます。

 

この素晴らしい青空の下、しばらく歩いてみました。

午前中は曇っていたのに、ここまで晴れました。

 

私の影を撮ってみました。

なぜか右脚のズボンがまくれ上がってました。

 

国道に沿うように流れている余市川です。

すごく綺麗で、渓流魚がたくさんいそうです。

 

この先は余市町です。今から余市町、小樽市を通って札幌に帰ります。

帰宅ラッシュの時間帯なので、札幌に着くのは夜の8時ぐらいかな。

今日は札幌の宿泊施設に泊まって、また明日は早朝から活動開始します。

 

お読みくださりありがとうございました。

次は余市町に行きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です