【北海道・全市町村制覇の旅】夕張市のシューパロ湖は人造湖で日本第二位の大きさらしい。

Pocket

こんにちは。
だんごむし@dangomushi_sprです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年、夏。

私は北海道の全179市町村制覇を目指して旅をすることにしました。

2018年7月17日、27ヶ所目に訪れた市町村は夕張(ゆうばり)市です。

 

夕張(ゆうばり)市

夕張メロンで有名な夕張(ゆうばり)市

かつては炭鉱の町として栄えていて、山々が開かれ町が作られました。

昭和35年の人口11万6千人をピークに人口は減り続け、
2018年現在、人口は約8,800人で、人口密度は全国ので一番低いそうです。

人口流出の主な要因は、若者の雇用の受け皿がないことだそうです。

夕張市は山が多く、農業よりも観光業の町という印象を受けました。

 

夕張市のカントリーサイン

夕張メロンスキーリフトが描かれています。

やっぱり、夕張市の推しはメロンみたいですね。
町中のいたるところでメロンを販売していました。

夕張メロンには、形・色・ネットなどの厳しい基準が設けられていて、

特秀の4段階でランクが分かれているそうです。

特秀のメロンは全体の出荷量の1%もなく、幻のメロンらしいです。

私は冷えているメロンだったらなんでもOKです。

 

JR夕張(ゆうばり)駅

午前9時20分、JR夕張(ゆうばり)駅に着きました。

最初、オシャレなカフェだと思って通り過ぎたのですが、よく見たら駅でした。

夕張市は大きなホテルがあったり、スキー場があったり、大人数で来ると楽しい観光地って感じです。

 

けっこう小さな駅舎の中。

 


夕張駅は石勝線夕張支線の終着駅です。

2019年3月に夕張支線は廃止になるそうです。
理由は単独維持が困難であるから。

今年の夏が最後の夏ということですね。悲しすぎる。

 


今しか見ることができないものってきっとたくさんありますよね。

 

【JR夕張駅 〒068-0411 北海道夕張市末広2丁目4】

 

道の駅 夕張メロード


道の駅 夕張メロードに来ました。

メロン道(ロード)を合わせてメロードなのかな。

今日は朝の5時から運転しているので、ここで少し休憩していきます。

 

 

お土産はやっぱりメロンだらけでした。

メロンのポッキーとか、メロンのクッキーとか、メロンアイスとか。

あと、生活雑貨や生鮮食品も置いてあり、地元の方の集客も見込めるような品揃えになっていました。

道の駅って本来は地域活性化のために作られているものですよね。

最近は観光客向けの道の駅が多く注目されるようになりましたが、私は地元の方がたくさん利用してくれる道の駅も魅力的だと思います。

地元の方の生活に役立ち、なおかつ観光客が集まるような道の駅だと一番良いですね。

 

夕張メロンゼリーを買いました。

ペットボトルに入っているゼリーなんて初めてです。

 

めっちゃくちゃ甘かったです。

 

【道の駅 夕張メロード

休館日:1/1~1/4、1/31、5/1、7/31、10/31 無休(5月~7/30)、毎週月曜日(8月~4月)
開館時間:9:00~18:30(H30年4月~5月)、9:00~19:00(6月~8/19)、10:00~18:00(8/21~H31年3月)】

 

JR新夕張(しんゆうばり)駅

道の駅 夕張メロードからすぐの距離にある、新夕張(しんゆうばり)駅に来ました。

この駅も2019年3月で廃止予定みたいです。

なんか一昔前で時が止まっているかのような雰囲気があります。

 

静まり返った駅舎の中で清掃員の方が仕事をされていました。

広い駅舎のはずなのに、柱が多いせいか狭く感じます。

かつて栄えていたこの町に、こんなに大きな駅が造られて、それが来年には廃止になって。

次はいつここに来ることができるかわからないけど、また絶対に来よう。

 

【JR新夕張駅 〒068-0755 北海道夕張市紅葉山】

 

夕張川

夕張川が流れています。見晴らしがよかったので、野生の動物を探してみましたが、見つけることは出来ませんでした。

夕張市の町も道路も夕張川に沿うように広がっています。

夕張山地の芦別岳から始まる夕張川は由仁川や雨煙別川と合流し、石狩平野に入り、最終的に石狩川に合流します。

 

夕張シューパロダム【動画あり】

旅の計画を立てている時に夕張市をGoogleマップで見ていたら、ちょうど真ん中あたりにものすごい大きな湖ダムを見つけました。

国道452号線からはずれると、全く車が走っていないような静かな道と山風景が広がります。

こんな道を走ってダムを目指します。

 

あっ、ダムが見えました。

夕張シューパロダムです。
遠くから見てもわかるかなりの大きさです。

 

望遠モードで撮影。

遠くに見える山々の影水の流れカラッとした空気

身体が浄化されていくような気がする。

車を停めて、歩いて近くまで行ってみます。

 

10分ほど下り坂を歩いて近くまで来ました。

すごく大きなダムです。

夕張シューパロダムは2015年に竣工し、
洪水調整・上下水道用水・発電などを目的とした※多目的ダムらしいです。
夕張市の生活を担う重要なダムということですね。

※多目的ダムとは・・・2つ以上の役割を持つダムのこと。

写真では分からないですが、うっすら水しぶきが飛んできて気持ち良いです。

【↓動画も撮りましたので、ご覧ください↓】

 

動画で伝わるかわかりませんが、すごい迫力です。

ダムが大きすぎるせいか、大量の水が流れているはずなのに、ゆっくり流れているように見えます。

 

水の流れをアップで撮ってみました。すごく綺麗です。

 

【夕張シューパロダム 

 

シューパロ湖

国道452号線に戻って、トンネルを抜けると、目の前に広がるのがシューパロ湖です。

めっちゃ大きいです。写真に入りきらないです。

大きすぎてどこから見ればいいのか迷います。

シューパロ湖は夕張シューパロダムの竣工によって水域が拡大した人造湖らしいです。

湛水面積は14㎢で人造湖では日本第二位の大きさを誇ります。

ちなみに第一位は北海道幌加内町にある朱鞠内湖23,7㎢です。

 

 


向こう側で枯れ木が水没しています。

なんか芸術的です。

夕張シューパロダム建設時には炭鉱街として栄えた大夕張地域の大部分が水没したそうです。

私が知らない夕張がこの湖の底にあるんですね。

 


車で走り出しても、しばらく湖が続きました。
とにかく大きな湖でした。

 

夕張市の風景

夕張市は面積のほとんどがでした。

平坦な土地が少ないので、農地があまりありません。

北海道の市町村でここまで農地が少ないのも珍しいと思いました。

観光業に目がいきがちですが、自然豊かな町です。

 

良い写真が撮れました。

綺麗な青紫色の花に寄っていくアブです。

ちょうど空中で止まっているように見えます。

 


フキバッタです。

北海道のバッタといえばフキバッタなイメージがあります。

イタドリの葉っぱにたくさん集まっていました。

フキバッタは4種類ぐらいいるらしいのですが、私は見分けることができません。

昆虫に詳しくなりたいです。夕張は自然豊かで昆虫がたくさんいるので歩いているだけで楽しかったです。

 

お読みくださりありがとうございました。

次は三笠市に行きます。

次の記事はこちら
【北海道・全市町村制覇の旅】三笠市の唐松駅でノスタルジックな気持ちになりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です