雨上がりの夜のダンゴムシ。

Pocket

こんにちは。だんごむしクラブです。

このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2018年5月31日。今日、東海地方は1日中強い雨が降っていました。

夜10時頃になり雨が止んだので公園にダンゴムシを見に行ってみました。

 

雨水で濡れたアスファルトが光っています。

夜の雨上がりの道では気づかずに水溜りを踏んでしまいますよね。

 

雨が止んでから30分も経っていないのですが、ダンゴムシが出てきていました。

黄色い斑点模様が可愛いです。

 

もうすぐ梅雨ですね。ダンゴムシ達にとってはパラダイスな時期です。

梅雨で腐敗した有機物をたくさん食し、いたるところで交尾をするダンゴムシが見られます。

そして、多くの子供ダンゴムシ達が生まれます。

梅雨特有の湿度が高い環境は乾燥に弱いダンゴムシの子供達にとって、とても過ごしやすい環境なのでしょう。

 

 

雨上がりの夜のシンボルカタツムリがいました。

 

 

オオミスジコウガイビルがいました。外来種らしいです。

この子はどんなことを考えて生きているのでしょうか。

 

私は夜な夜な開催されるダンゴムシパーティーを見ることができる梅雨が毎年楽しみです。

ダンゴムシパーティーは梅雨限定のダンゴムシ達による大集会です。

梅雨時期は一番ダンゴムシが幸せそうです。生き生きしています。

そして、生まれたばかりの子供達は急成長を遂げます。

東海地方は来週には梅雨入りかな。

今年もたくさんの元気なダンゴムシが生まれますように。

 

お読みくださりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です